前へ
次へ

イギリス留学に必要な英語力について

大学や大学院などで自分が専攻している分野について学んでいる人は多くいますが、国内だけでなく国外で学びたいと考える人は多くいます。そんな中で大学入学後に直ぐ専攻学科の専門就学が行えるという点で、ロンドン留学やイギリス留学を選ぶ人が多くいます。特にオックスフォード大学やケンブリッジ大学など有名な大学も多いので、より知識を深める事ができます。では実際にイギリス留学をする場合ですが、最低限必要な内容として求められるのが英語力になります。理由として専攻した分野を学ぶのが目的であり、英語力向上を目的としている人が少ないという点もあります。そのためビザ申請を行う際に、自分自身の英語力を証明するための資料提出が必須となっています。そのためイギリス留学したいと考えている場合は、最低でも留学に必要な英語力が求められるという点が大きいです。では実施に英語力を証明するための資料となるのがIELTSと呼ばれる試験を受験し、その際に得られた点数が証明書になります。英語力を証明するための試験として英検やTOEICなどの有名ですが、イギリス留学時のビザ申請用提出書類には使用できません。イギリス留学を希望するのであれば、IELTSを視野に入れて英語の勉強しておくと良いです。またイギリス留学する際の希望する大学によっても、必要な英語力の結果にも違いが出てきます。英語力がさほど必要ではない美術系の大学であれば、試験の結果は750点程度で問題はありません。また文系や理系などはより高得点が必要であり、特に医療系の大学を目指しているのであれば、より高度な英語力が求められます。また専攻する分野だけでなく、入学を希望する留学先である大学によっても必要な英語力も違いが出てきます。オックスフォードやケンブリッジなどの大学は高得点の試験結果が必要ですが、エジンバラ大学などはそこまで高い英語力を求められる事はありません。このように留学に必要な英語力にも違いがあります。

Page Top