前へ
次へ

イギリス留学はロンドン留学よりも地方の田舎大学です

今から30年くらい前までは受験と言うと東京大学でした。東京大学を卒業した人たちが日本の政治と経済を動かしていると言って過言ではありません。しかしながら最近ではその流れが大きく変わろうとしています。これは東京大学の世界ランキングが毎年徐々に落ちていることと無縁ではありません。この傾向と比例するように東京大学の人気がどんどん落ちているのが現状です。ですから今の若い人たちはもはや東京大学だけに執着するという人たちは少数派です。少子高齢化で若い人たちの数が少なくなってきていますが、それでもこれらの若い人たちの考えは革新的です。最近の傾向ですが、例えばアメリカ留学やイギリス留学、あるいは中国への留学を果たすような学生がどんどん増えてきています。これは主に語学の習得が目的です。現地の言語をマスターして、ビジネスに参入しようという考えです。その意味では中国は魅力的です。ですが中国でも英語が通じます。中国で使われている英語はイギリス英語です。ですからこれから海外語学留学をするのであれば、イギリス留学で決まりです。イギリス留学の真髄がロンドン留学です。ロンドン留学はイギリス留学の中でもハイエンドであるということができます。有名な大学としてオックスフォード大学とケンブリッジ大学があります。さすがにこの二つの大学は日本人でも合格することは珍しいです。世界の優秀な人々がこの二つの大学に挑戦しますが、100人受験しても合格するのは一人くらいです。イギリス留学といっても、オックスフォード大学とケンブリッジ大学だけではありません。ロンドン郊外には素敵な田舎の大学がたくさん存在します。ロンドン郊外の田舎の大学と言っても、そこで学習できるのは本格的なブリティッシュイングリッシュです。 日本からも、このような田舎の大学でイギリス留学をする学生たちが増えてきています。イギリス留学をする日本人はロンドンよりも地方を好む傾向にあります。それは生活費がかなり安上がりで済むということがあります。イギリス留学をできるだけ少ない費用で達成しようとすれば、それはロンドン郊外の田舎大学で決まりです。

Page Top